何をきっかけとして占いにハマるのか

誰でも、最初から占いに興味があったわけではありません。
当たり前ですが、何かしらのきっかけがあって、占いにハマったのです。
九星気学なんて言葉を、最初から知っていた人なんてほとんどいないでしょう。
占いを始めてから存在を知った人が大半でしょうし、いろんな専門用語も占いを始めたことで覚えていくわけです。
最近では、ネットや携帯アプリなどで、気軽に占いを楽しめるようになったので、それをきっかけに占いを始めた人も多いと思います。
もちろん、友達からの紹介や、雑誌などを読んで占いを体験してみて、そこから占いにハマったという人もいるかと思います。
ただ、一度占いを体験しても、そこから占いにハマるとは限らないわけです。
占いをやってみたものの、特に面白いとも感じず、それ以降は一切やっていないという人もいるかもしれません。
例えば、最初に九星気学の占いをしてもらい、そこで結果が良ければ、気分も良くなりまた占ってもらおうと思う人も多いかもしれません。
しかし結果が悪いと、正直あまり気分も良くないでしょうし、占いへの興味が薄れてしまう人も多いのです。
慣れた人であれば、1回1回の結果にそこまで一喜一憂しないのですが、初めて占いをしてもらう人からすれば、やはり結果というのは非常に重要となるものなのです。
そういう意味では、最初にどういった占いをしてもらったかによっても、占いにハマるかどうか大きく左右されるかもしれません。
占いの結果はもちろんですが、どのような占いを、どのような占い師にやってもらったのか、そこも重要になってくるわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ